第5回ゼミナール


2017第5回学部ゼミナール

初めまして

学部4年生の浮ヶ谷です。

今回のゼミは、先週に引き続き本のプレゼンです。

今回は金井さん、村山さん、沖さんの3人が行いました。

1つ目は

「市民コミュニティ・ビジネスの現場~建て替えない団地再生のマネジメント~」

この本は、団地の入居者を増やすことよりも“住まいのリペア・リフォーム”や

“リモデル・リフォーム”などを行い入居者が段々といなくなる事を防ぐために、

建物だけでなく人も管理をするべきだというを知りました。

 

2つ目は

「地方は活性化するか否か」

この本は、疲弊する地方都市の現状と打開策を女子高生が考えるというものです。

各組織の目的の違いにより“予算の消化”ということが目的になってしまい、

継続が不可能になっているという現状があります。

そのために、現状や自分の身の丈に合ったものを知り、

地域への関心や問題意識を持つ仲間を引き寄せる“ピエロ”となり、

自分が情報を発信していくことが地域活性化の原動力になります。

 

3つ目は

「都市の空閑地空き家を考える」

この本は、都市の空閑地の空間的な問題や時間的な問題を挙げ、

解決をするために、

“ちょい農”といった周辺住民に活用をしてもらう仕組みづくりや

“空き家バンク”という地方自治体による情報提供や改装支援などを行う仕組みなどが

あることを知りました。

 

以上、3冊です。

 

興味がある方やもっと知りたいと思った方は、ぜひ手に取ってみてください。

 

また、5月11日は私、浮ヶ谷の誕生日であったため

研究室のみんなにお祝いをしてもらいました!!

22歳になり、今年の抱負を決めました。

今年の抱負はズバリ!!

「彼女をつくる!!!!!」です!!

頑張ります!!

 

みなさんも、何かひとつ抱負を考えてみてはどうでしょうか。

 

では、また来週!!

 


2017年05月11日 | Posted in ゼミ報告・レジュメ, 研究室の活動 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA