袖ヶ浦団地活性化プロジェクト全体ミーティング


学部4年の北村です。

 

今年度最初の袖ヶ浦団地活性化プロジェクトの全体ミーティングに、PD青木、M2原、学部4年北村・菊地・佐々木が参加してきました。

2回の学内ミーティングを経ての今回の全体ミーティングだったのですが、習志野市役所さんとUR都市機構さんからそれぞれ4名ずつ参加していただき、総勢34名という大きな会議となりました。

 

20160615

 

まず参加者の自己紹介から始まり、これまでのプロジェクト全体の流れとスケジュールの確認、

次に、3者協定について各グループの意思確認と、NPO法人設立についての検討が行われました。

 

その後、各研究室の学生からの報告として、

 

田島研究室から

・4年生の袖ヶ浦団地フィールドワークの結果報告

・実際に団地でシェアハウスしている学生からの報告

・DIYリノベーション案として3種類のプランを提案

 

鎌田研究室からは、

M2原さんから

・寮と周辺住宅の関係や、寮の在り方について

PD青木さんから

・袖ヶ浦団地の活性化について

・ワイガヤ通り商店街の活性化について

 

佐藤徹治研究室から

・賃貸住宅団地活性化のための生活満足度分析(昨年度の修士論文)

・健康な住宅団地計画に関する研究(今年度の研究テーマ)

 

デザイン学科から

・コミュニティ形成のための場づくりのアイデア

 

以上の発表がありました。

 

201606152

 

 

2時間を超える長丁場となりましたが、熱意ある発表により充実した会議になったと思います。

今後のプロジェクトも楽しみです!

 

次週のゼミは6月22日(水)です。

 

 

北村

 

 

 


2016年06月15日 | Posted in 研究室の活動, 習志野市 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA